FXのリスク管理について | ベストFXトレーディング

FXのリスク管理について

みなさん、FXと言う言葉をご存知かと思います。FXと言うのは、外国為替証拠金取引と言う意味です。

FXは非常に魅力的な取引方法の1つと言えます。その理由に、MetaTraderと呼ばれる自動売買システムが利用できるところにあります。これは同時にEAというエキスパートアドバイザーも利用できます。また取引の金額を見てみると、2007年から2011年にかけての取引金額は約2.5倍となり、取引口座数も約3.1倍になっています。それだけ魅力的な取引方法と言う事ではあるのですが、当然、様々なリスクも存在しています。



ですから、FXの魅力ばかりに目を向けるのではなく、様々なリスクを理解した上で、ご自身が納得出来る取引をしたいものです。

一時的な増加は見られたFXではありますが、今後は急激な増加はないと思われます。もちろん、単なるブームで終わるものではなく、定着していくのではないかと考えられています。

FXで利益をあげる事はそう簡単ではありません。その理由として、そのリスクの多さなのです。
ですが、利益を上げる事が難しいのであれば、FX市場は衰退してもおかしくないのですが、そのような動きは見られませんので、やはり、リスクを理解した上で投資した方々の中に、利益を上げている人がいるという事がわかります。

FXを行う上で、リスクについてしっかりと理解しておく必要があります。ちなみにバイナリーオプション 比較の中ではこのようなリスクはあくまで比較上ですが少ないともいえると思います。レバレッジもないですしね。まず大きなリスクとしてFXは元本が保証されていない投資であるという所です。そのほかに、値動きのリスクやリバレッジのリスク、流動性のリスクなど様々なリスクが挙げられます。

まず最初に、値動きのリスクについてご紹介します。

値動きのリスクと言うのは、FXと言うのは為替レートによっては大きな利益を得る事もできますが、逆に大きな損失にもなります。

FXと言えば、ハイリスクハイリターンと言うふうに言われるのはこれが理由です。
また、株と同様に元本が保証されていません。

次に、リバレッジのリスクについてご紹介したいと思います。リバレッジと言うのは、小さな金額を大きな投資をする方法です。Smart Optionを代表格とするバイナリーではこういう意味でのリスクはありません。これも知っておくべき知識ですね。

少ないお金で大きな投資が出来る為、もちろん、その分大きな利益にもつながる可能性はありますが、逆に少ない金額を投資したはずなのに、リバレッジを大きく設定したが為に大きな損失につながる可能性があるという物です。

少ない金額で大きな利益を得たいという気持ちもわかりますが、リバレッジを大きく設定する事で起きるリスクを充分理解しておくことが必要です。

次に、流動性のリスクについてご紹介します。

FXにおいても、時に世界の情勢次第で取引が成立しないという可能性も秘めています。
ですが株四季よりも流動性は高い為に、株式投資よりは流動性のリスクというものは低いと考えられています。

FXの取引というものは、コンピュータシステムが活用されています。故に、ネット回線でのトラブル、システムダウンなどパソコン側に何らかのトラブルが発生した場合は、当然取引ができなくなると言うリスクを秘めています。また、FX取引業者側が起こすリスクも存在しています。例えば、倒産や業務停止などです。残念ながら海外バイナリーオプションでも何度過去のような種類の問題が引き起こされています。

もちろん、この問題については回避する作戦はあります。それは、預けた証拠金を信託に預けると言う方法を取っているFX会社を見つける事です。

この場合、FX取り扱いの業者と言うのは、視線と分割して資金を管理しているため、たとえ、FX取引会社側に何らかのトラブルが発生した場合、証拠金が返金されないという自体には陥りませんので、FX取引を行う際の業者選びの際には、こういった点をしっかりと踏まえておく必要があります。

FX MENU

リスクあれこれ

FXそしてその派生商品であるバイナリーオプションでは各取引に応じた相応のリスクがあります。

レバレッジは国内業者では25倍までですが、当サイトで紹介している海外業者では500倍や888倍などという商品もあります。

そのため自分の投資可能額を見極めてから、一つ一つ確認作業をしてFX投資を始めるようにしましょう。FXやバイナリーはギャンブルではありません。

あくまで投資なのでできる限りのリスクヘッジが必要ですし、できるのであります。