FXを始める前に必要なこと | ベストFXトレーディング

FXとバイナリーオプションの違いとは

ネットでできる金融取引、というと恐らく多くの方が『FX』を思い浮かべるのではないでしょうか。FXとは違う国の通貨同士を買ったり売ったりすることによって、相場の変動によってできる差額を利益として受け取る、または損失としてマイナスされる、といった取引のことです。海外通貨の相場を扱うという点でバイナリーオプションも似たようなものといえなくもないですが、実際にトライする立場からは違う点のほうが多いのです。

ここでは、バイナリーオプションとFXの違いについて、基本的な部分を学んでいきましょう。

■バイナリーオプションでは市場がどんな動きをしていても利益ゲットが可能!

「外貨を買い、相場の変動を利用して利益を出す」ということは、そもそも相場が変動しなければ利益が出ないということにお気づきかと思います。もちろんその分損失リスクも低くはなるわけですが、FXで利益を出すにはやはり相場が動いている時を狙う必要があります。対してバイナリーオプションでは相場の変動が大きい時と小さい時、それぞれに適した取引方法が用意されているので、変動幅に関係なくいつでも利益を出すことが可能なのです。


■バイナリーオプションでは「予想外の大損」はありえない!

バイナリーオプションの大きな特徴として、予測が外れた場合には「購入時の金額がそのまま損失となる」ということがあります。例えばFXの場合には、売買のタイミングを逃したために、どんどん損失が膨らむこともあるわけですが、バイナリーオプションではその心配はありません。リスク管理でいえばずっと楽にできることがおわかりいただけるでしょう。


■忙しい人でもできてしまうのがバイナリーオプション

FXを行っている方たちが、カフェなどでずっと画面とにらめっこをしている……なんて風景をみたことはありませんか? ここまででご説明したように、FXではできるだけ多くの利益を出すために、相場が自分にとってプラスの方向へ推移した時=売り時(買い時)を見極めなければならないからです。ですが、そもそも相場の推移幅と関係がなく、損失も初めに支払った金額のみと決まっているバイナリーオプションの場合は、取引を申し込むだけ。あとは結果を待つだけです。

■潤沢な資金も不要です

バイナリーオプションがFXをしのぐ勢いで広まっている理由の主なものが、こちらでしょう。外貨取引は資金に余裕がある人がやるもの、もしくはレバレッジをかけて大きなリスクとともにやるもの、というイメージをくつがえす、小口からの取引がバイナリーオプションでは可能です。業者や取引の種類によって最低取引金額に違いはありますが、1000円以下の業者も少なくありません。


■バイナリーオプションなら難しい知識なしで今すぐ取引ok

何しろバイナリーオプションは二者択一、どちらかを選ぶだけという取引。いってみれば、ちょっと試しに……と選んでみるだけでも利益が出せる可能性が大きくあるわけです。まるでゲームのようですよね。

けれどもここで覚えておいていただきたいのは、バイナリーオプションはれっきとした外貨取引であり、『ゲームでもギャンブルでもない』ということです。どんなに少額の取引でも、積み重なれば大きな利益になることもある一方で、大きな損失を出すこともあります。

では、バイナリーオプションでのリスクを回避するにはどうしたらいいのでしょうか。そのためにはまず、無理のない金額を取引に当てること。そして、バイナリーオプション取引をやりながら、少しずつでも金融や市場に関する知識を得ていくことです。
 
そうなると、やはり結局は難しい知識が必要なのでは? と心配になるかもしれませんが、何もわからないところからマニュアルを読むより、実際に取引をしてみて興味を持ったことを、自分から進んで調べて覚えていくほうがずっと簡単で楽しいものです。そういった意味でも、バイナリーオプションは外貨取引の入り口として最適といえるでしょう。


FX MENU

リスクあれこれ

FXそしてその派生商品であるバイナリーオプションでは各取引に応じた相応のリスクがあります。

レバレッジは国内業者では25倍までですが、当サイトで紹介している海外業者では500倍や888倍などという商品もあります。

そのため自分の投資可能額を見極めてから、一つ一つ確認作業をしてFX投資を始めるようにしましょう。FXやバイナリーはギャンブルではありません。

あくまで投資なのでできる限りのリスクヘッジが必要ですし、できるのであります。